ベスピーノを探せ!
>Home
Vespa 125 ET3 Primavera
120

シフトアウター交換−2 (2007.9/10)

以前のことなので忘れてしまったが、シフトワイヤーを交換した際、ワイヤーとアウターを位置決めしている白いブラケットのためにとても苦労した覚えがある。そもそも、このブラケットを外さないでワイヤー交換しようとしたのだから無理がある話で、今回は周辺のパーツを全部外すことにした。

外せなかったブラケットはスロットル側とシフト側の各ワイヤーを解除することで簡単に外せた。その反面、ブラケットの上にあるコの字型のステーやアウターの位置決めなど、また戻して微調整を行うのかと考えるとイヤになってくる。整備性が良いPと比較しても、スモールはあまりにも狭過ぎる。

ライトを外した直後。
メモ代わりにデジカメでたくさん撮っておいた。
メーター側も。
ブラケットを外す。ようやくアウターにアクセスができる。
これだけのパーツを外した。
今日はここまで・・・

back next





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO