ベスピーノを探せ!
>Home
Vespa 125 ET3 Primavera
121

シフトアウター交換−3 (2007.10/7)

シフトアウターを入れ替えた。交換方法はクラッチアウターの時と同じ。旧アウターへまず針金を通す。次に新アウターも通す。ドッキングさせ、アップ・ダウン側の2本を同時に交換した。

なんの障害もなく、あっさりと入れ替えられたが、アップ側は濃いグレー、ダウン側は薄いグレーのアウターとそれぞれ色分けが
してある点や、途中で2本が金具で繋いであったことから、もしかしてレストア時に無交換かもしれない。

アウターの遊びはシフトチェンジの重さと関係してくる。なるべくストレート状態にしたい。エンジン側での長さ調整に時間がかかりそう。今日はここまで。

旧アウターにまず針金(コンマ9Φ)を通す。
黒い部分は破損して補修した箇所。
エンジン側から抜いて入れ替え完了。
針金が抜けないようにナットで固定しておいた。
皮膜破損はいずれもエンジン側で二箇所だ。
タイヤのローテーションも行った。リアホイールはキズがあるため、タイヤを入れ替える。
アルミホイールはなんの労力も必用とせず、簡単に脱着ができてPにも欲しい。

back next





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO