ベスピーノを探せ!
>HOME
Vespa 125 ET3 Primavera
22

ツールボックスの中身(2003.8/27)


ウチのベスパはパンクの経験がまだない。一応、頭のなかで、「ああして、こうして・・・」のシュミレートはできている。だが、いざその場面に遭遇した際、タイヤを外すのにボディは一人でどーやって持ち上げるのだろうか?。寝転ばさせる勇気なんか絶対ないと思う。いや、したくはない。バイク屋でもあったら、思わずラッキーだと思い飛び込んでしまうかも知れない。

そんな時、車載工具はないよりよっぽどマシだろう。ベスパは11や13という、特殊なサイズのボルト&ナットを多用しているから、通りがけの車より借りるわけにもいかないのが困る。

「えっ こんな小っちゃいの・・・」、シート下のツールボックスを初めて見た時に感じた。こんなんで、なんにも入らないと思った。しかし、ベスパには物を格納する場所はここしかなかった。なんとか工夫して積んでおくしかない。

よく見れば、ドライバー等を差し込んでおく固定用のスプリングは付いているし、真上のシートスペースを利用すれば、ペッドボトルだって意外と収納できる。ET3だけはサイドにポケットが備わっているから、V50や100よりかなりマシだ。ところが走った直後はエンジン熱で乾燥機のように高温になることが判明。出先で買ったアジの干物や、キットカットなどは収納ご法度となる(冬は保温になるかも・・・)。

50sに積んでいるツールとET3とを共通にし、出かける際は移すように最近している。あれもこれも積むと、とんでもないことになるので必要最小限にセレクトすることに、ベスパオーナー達は苦労しているんだと思う(けっこう深刻)。きっと・・・



初公開! ベスパで出かける時はこんな感じです。ブルー色のがスパナ等を入れたペンケース。ピッタシカンカンではないか。100均ショップで見つけた。
ET3はサイドにポケットがあるから、ツールボックスに収まっているのは
全部でこれだけ。
上のボトルは最高のアイデアだと思っている混合オイル、あとはホイールナット用(13)のラチェットレンチとプラグレンチ(純正が欲しい!)、必須の軍手「日本一」。
ペンケースの中身。
8/10・11/13・14/17mmのスパナ、5〜10mmセットスパナ、予備バルブ、プラグ、ミニモンキー、プライヤー、差込式+- ドライバー。
携帯用ツールは安いので充分(ほとんどクルマのオマケ)。よくもまぁ・・・、これだけ入るもんだ(本心はもっと積んでおきたい)。
back next


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO