ベスピーノを探せ!
>HOME
Vespa 125 ET3 Primavera
06

やっぱりMICHELIN(2003.6/24)


こんな物をどうして着けたのかわからないが、ET3にはスペアタイヤに替わって、「買い物バスケット」がマウントされていた。細いステンレス棒で自作したものらしい。たしかに物が置けて便利かも知れないけど、ボクはどうも・・・なので、新品のMICHELIN S1をスペア用にいただいてきた。

タイヤのみでチューブが着いてなかった。スペア用としてもっらた中古のホワイトリボンタイヤより、チューブとリムを移植すれば良い。スペアタイヤを作る。


トレード元と先の新品タイヤ。
ホワイトウォールの方はスロバキア製で、50sに着いていたのと同じメーカーだ。けっこうキレイだった。スペアに使おうかと思った・・・が、
山もまだ残っている。充分使用できる状態なのに、なぬ、谷の部分にヒビがある。
あきらめ、分割する。
リムはブラストがかけてあってキレイだ。シリコンスプレーとタイヤレバーで簡単に分離できた。仕事量のわりには満足。
タイヤにチューブを入れ、リムを組んで完成。やっぱりMICHELINでしょ! タイヤはと言えば・・・
back next


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO