Event Vol。12
to event-top|Links>bP05

軽井沢 2005。7/30−31

降水確率80%、前夜に60%となったものの、軽井沢から傘マークが
消えません。昨年は台風、今年は雨間違いなしに一憂され、中止案も
視野に入れたところ、誰ひとり不参加のクレームがないのです。雨はもち覚悟? 昨年の大雨体験が今回に活きた感じでした。

ところが結局、雨ランは1回もなし。敵は強烈な暑さです。
その中を飛ばせたのは別天地・軽井沢へ向かうこと、そして今回は13台のベスパたちがエントリーし、何かと話題豊富な点・・・
距離的には遠路はるばる愛知より参加した「ベスパ教信者さん」がベストでしょう。600km近い距離を125GTRで突破は、にわかに信じられないことでしたが雷響く南軽井沢へちゃんと飛来しました。

他、サイトBBSへ書き込んでくれる方々との生の会話もあり、このようなチャンスがない限りは絶対にお逢いすることがNGな場面の愉しさを含めてベスパたちは北上します。

今回のルートは秩父から開通直後の「皆野寄居バイパス」を選択。「原付で高速走行体験ができる・・・」素晴らしい道路を満喫したまでは良かった・・・すでにガンガン来る暑さにヘトヘト・・・

写真は別荘提供で活躍してもらったmantaさんとET3。今回もありがとうございました。途中給油は1回ほど。真っ先に上着を脱ぐことが最初の仕事でしたね。謎の友人Rally・管理人ET3のコンビ。

エントリーはこの時点で当日キャンセルを含め、8台。連絡がつかず、定刻より30分遅れてスタートしたこともあって、急ぐ旅でもないのにオシていることは確かでした。



ちょっとミスった? 秩父路は快適でも距離があり過ぎでした。「芦ヶ久保・道の駅」が最初のピットイン。とにもかくも暑い! 暑い!
左手前は初参加の1台。ジミなヘアスタイル?にも関わらず、ベスパもシックなブラック。トランクで決めてます。
「すぱいくさん」の50sはET3エンジン+足回りを自分で移植。何故かクーリングカバーが着いていません。
帰路にトラブルを起こし、軽トラの人となってしまうとはこの時はまだ知らず・・・

最後尾は125Aのガメさん。初日だけ参加しました。
ワイディングを登って・・・

で、いきなり軽井沢の別荘へ着いちゃいました。あのイヤミなお天気予報はなんだったのでしょう? 昨年のドシャ降り峠もなんなくパス。撮影時間はゴール直後で午後4時。走りより、休憩タイムのほうが多かった・・・のがわかります〜?

途中から空気と景観がガラッと変わる、ここ軽井沢にベスパが似合います。一同の前を昨年の「白いハマー」が通過。「やってきた」ムードが盛り上がってきました。

数台で空気を思いっきり吸いながら買出しへ。



閑静な別荘へベスパで乗り付けてBBQ! なんとゼイタクな。しかも専用の東屋で。ぶーたさんが北海道直送肉をクール便よろしく持参してくれました。ワキアイで食べている時、仕事帰りの「エージさん」が到着。上空はフラシュライトのような雷が響いており、「軽井沢ICで降られたしまった!」とか。同時に「信者さん」からも到着電話。近くのコンビニまで迎えに出向いたところ、キャンセルした「ハンナさん」が・・・。なんとゆう偶然の遭遇。歓迎BBQは続く・・・


嫁さんの法事からスッ飛んできた信者さんのGTR。「左サイドにトランクが付くのがRallyとは違うんです」。

ショートストロークを100cc+にボアアップしたハンナさん。パブリカUP20の色。メットはAGVですね。
別荘の翌朝。エージ号はビチューボ仕様にグレートアップ。合う度にステッカーが増えてました。 プレゼント! イタリアカラーのハンドタオルがkoi さんから、錆取クリームは信者さん、ワタシ管理人はペイント用の筆を。心遣いが嬉しい・・・

ダンボール宅配仕様(しかもブランド物)のぴより号。奥はバスケットのエージ号。
¥80バック仕様は管理人です。



緑と風。ロケーションの良さ。中軽から北軽へ・・・






垂れ込む雲行きが怪しくなってしまった浅間ハイウェイ。バックは浅間山です。ここまでの道がまた素晴らしい! 時刻は10;30am。
高速でひと足お先に向かったぶーたさんは、結局翌日になっても体調が復帰せず、ここで帰宅しました。昨夜のハッスルぶりは・・・?

ベスパ×10=Rally・P200に125・GTRとFL2+スモール・スモール・・・







「ローソンで会ったが100年目 私はついてました!」、信者さんと昨夜遭遇できなかったら逢えなかったハンナさんはラッキーでした。その反動? 素晴らしい田園にてリアタイヤがパンク。スペアをkoiさんから拝借。ところがエア不足。まともな空気入れをぴよりさんが持参しており、なんなく解決後、今度は解散直前でクラッチワイヤー切れが発生。こちらも連携プレイですんなりOK! 「このたびはみなさんの知恵とパーツと腕の集大成の結果、無事にお家に帰れました」。


Entry

 ・koi@50s (Ivory)
 ・すぱいく@50s (black)
 ・ハンナ@50s (Ivory)
 ・ガメ@125A (Black)
 ・ベスパ教信者@125GTR (Black)
 ・ぴより@P125 (Skyblue)
 ・manta@ET3 (limegreen)
 ・ぶーた@P200 (White)
 ・エージ@PX200FL2 (White)
 ・謎の友人@Rally 200 (Red)
 ・管理人@ET3 (Orange)



解散直前の道の駅に並んだベスパたち。
今回ほどお天気に左右させられたことはありません。代わって猛烈な暑さに終始攻撃されましたが、さわやかな高原のなかをベスパたちで走るのは最高の気分!
想えば良くは知らない同士がベスパへ乗っているだけで、ワキアイムードの一泊ランができるのはステキなことです。
・・・たっぷり充電ができた二日間でした。


※参加者からの画像を一部使用しています。

Back



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO